オールインワンジェルと化粧水の違いとは?どっちを選ぶべきなの?【徹底比較】

「化粧水」と「オールインワンジェル」というこの2つのスキンケアアイテムには、

どちらにもさまざまなメリットがあり、多くの人々によって愛用されています。

 

保湿成分がたっぷり配合され、肌を乾燥から守る「化粧水」と

たったひとつのアイテムに、化粧水、乳液、クリーム、美容液など

オールマイティな機能を誇る「オールインワンジェル」。

 

どちらも私たちの肌ケアには欠かせないものですが、

この「化粧水」と「オールインワンジェル」にはいったいどんな違いがあるのでしょうか。

そしていったいどちらを選ぶべきなのでしょうか。

 

そこで今回は、「化粧水」と「オールインワンジェル」の違いに注目して

それぞれのメリットや、この2つのアイテムを併用した場合の効果などを

みなさんにくわしくご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

オールインワンジェルとは?

 

そもそもオールインワンジェルとは、

肌の弱い人たちのために医療現場で開発されたスキンケアアイテムであり、

肌摩擦を解消し、肌トラブルを抑えてくれる化粧品です。

 

さらに化粧水、乳液、クリーム、美容液といった機能がひとつにギュッとつまっていますので、

手間がかからず時短効果がありたった1つのアイテムで済むので、コスパも優秀

といった多くのメリットがあります。

 

 

化粧水とは?

化粧水の最も大きな役割は「肌に水分を与える」ことです。

つまり、保湿をすることで潤いを与え、肌を健康な状態に整えます。

 

もし洗顔後に化粧水をつけることなく、何もしないでいると

肌から水分が蒸発し、カラカラに乾燥してしまいます。

 

そうならないためにも「水分を保持する」し「水分の蒸発を防ぐ」ことで

肌に水分を届け、美肌をキープすることが化粧水の基本的な役割なのです。

 

化粧水の成分には「水」、

そしてセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの「水溶性保湿成分」、

さらにビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体などの「エイジングケア成分」

などが配合されています。

 

 

オールインワンジェルと化粧水の違いとは?

オールインワンジェルと化粧水の違いは、何と言ってもその「保湿力」です。

 

オールインワンジェルはその名の通り、

化粧水、乳液、クリーム、美容液といった機能が

オールインワンに配合されているスキンケアアイテム。

 

オールマイティなアイテムですが、

「肌に水分を与える」機能に特化した化粧水に比べると、その保湿力は若干劣ってしまいます。

 

ですから、「乾燥がかなり気になる」という肌に対しては、

オールインワンジェルだけでは不十分な場合があるのです。

 

しかし、オールインワンジェルにも大きな利点があります。

それは肌に必要以上の成分を届けないことで、

肌が持つ「自然治癒力」が高められ、肌の機能がアップするというメリットがあるのです。

 

 

「オールインワンジェル」と「化粧水」どっちを選ぶべきなの?

では、「オールインワンジェル」と「化粧水」どっちを選ぶべきなのでしょうか?

それは、「自分の肌の状態」で判断するのが最もよい方法でしょう。

 

あなたの肌がしっかりと保湿ができていて、肌にそれほどトラブルを感じていない場合は

オールインワンジェルだけでのスキンケアでも何の問題もありません。

 

しかし先ほども言いましたが、肌がとても乾燥しているなど

肌トラブルを抱えている場合は、オールインワンジェルだけのスキンケアでは

物足りなさを感じるかもしれません。

 

その場合は化粧水を使用した「フルライン使い」がおすすめです。

しっかりていねいにスキンケアをすることで、

肌の状態をまずは改善させることから始めましょう。

 

 

「オールインワンジェルと化粧水」併用もOK

オールインワンジェルと化粧水にはそれぞれのメリットや違いはありますが

この2つのアイテムをさらに効果的に使うために、

「オールインワンジェルと化粧水を併用」する方法も実はおすすめです。

 

でも併用する際には、「使用する順番」に注意することが大事です。

その順番についてご紹介しましょう。

 

まず、「洗顔後に化粧水をたっぷりつけて」、「その後にオールインワンジェルを使用する」

という順番が最も効果的です。

 

化粧水で肌を潤し、オールインワンジェルに含まれる油分で蓋をするという使用方法により、

化粧水の保湿成分が肌に効果的に浸透し、

オールインワンジェルの美容成分が角質層の奥深くまでしっかり届くことができるのです。

 

 

オールインワンジェルと化粧水を併用することで生まれるメリット

オールインワンゲルに化粧水をプラスすることでいろいろななメリットが生まれます。

そのさまざまな例をご紹介しましょう。

 

オールインワンジェルの成分を浸透しやすくなる

 

先ほど使用の順番の際にも説明しましたが、

オールインワンジェルを使用する前に化粧水をプラスすることで

肌が十分に保湿された状態でオールインワンジェルを使用することになるので

オールインワンジェルの成分を肌の奥深くへと導く「ライン」が作られ

肌に必要な栄養成分が浸透しやすくなります。

 

肌への摩擦が少なくなる

 

化粧水をオールインワンジェルの前に使用することで

オールインワンジェルの滑りが良くなり、肌をゴシゴシと摩擦することが少なくなります。

また滑りがいいので、1回のオールインワンジェルの量を減らすこともでき、

ただでさえコスパのいいオールインワンジェルがさらに経済的に使用できます。

 

皮脂を抑え、肌の乾燥も防ぐ

 

最近の化粧水には「皮脂吸着成分」が含まれているものが多いです。

この皮脂吸着成分によって、肌を保湿しながら余分な皮脂を吸収することで

「肌のテカリ」も抑えることができます。

 

さらに、そのような皮脂の少ない状態の肌にオールインワンジェルの

美容成分がしっかり浸透することで、余分な皮脂がでないことから

「肌の乾燥」も防ぐことができ、一石二鳥です。

 

このように、オールインワンジェルと化粧水をと合わせて使用するのは

肌のためにもとてもおすすめです。

 

しかし、オールインワンジェルには「ゲル化剤」が配合されているので、

化粧品とつけてすぐにオールインワンジェルを使用すると

「白いカス」のようなものがボロボロと出てくる場合があります。

併用する際は少し時間を空けてから使うようにしましょう。

 

 

まとめ

オールインワンジェルと化粧水の違いや、

この2つを合わせて使用することのさまざまなメリットをご紹介してきましたが

いかがでしたか?

 

オールインワンジェルは、忙しい朝の時間でも手軽にスキンケアが出来る他にも

肌への負担が少なく、肌トラブルが少ないのが大きなメリットです。

 

一方化粧水は、たくさんの保湿成分により、肌に潤いを与え、

健康な状態をキープしてくれるスキンケアアイテムです。

 

どちらも数多くのメリットがありますが、

化粧水とオールインワンジェルの最大の違いはその「保湿力」でした。

 

保湿力の高い「化粧水」と、

化粧水には保湿力は若干劣るものの、オールマイティな機能が魅力の「オールインワンジェル」。

自分の肌の状態に合わせて使い分けることで、

肌トラブルを解消し、高い効果を実感することができます。

 

さらに、この2つを併用することで、肌の状態を改善しながら

どちらの効果もさらに高めることができるのです。

こんな素敵なダブルアイテムを併用しない手はありませんよね。

 

同じメーカーの化粧水とオールインワンジェルを使用するのもいいですし、

いろいろなメーカーのアイテムを試して、自分の肌に合った組み合わせ選ぶのも楽しいですよ。

 

「オールインワンジェル」と「化粧水」

どちらも便利で効果的なスキンケア化粧品なので、上手に使用して

肌トラブルのない、モチモチでプリプリな美肌を手に入れましょうね。