オールインワンジェルの効果を最大限発揮する正しい使い方・塗り方とは?

忙しい現代女性は、スキンケアやメイクにそうそう時間をかけていられませんよね。

そんな女性たちの時短ケアとして、今や欠かせない大人気アイテムとなった

「オールインワンジェル」。

 

たった1分ほどで、下地、化粧水、乳液、美容液、パックまで

すべてのスキンケアが終了してしまうのですから

もはや「スキンケア革命」と言っても過言ではありません。

 

でも、

「本当にすべてのスキンケアができるの?」

「実は効果はあまりないんじゃない?」

と疑問をお持ちの方もいると思います。

 

その方たちはおそらく、「オールインワンジェルの正しい使い方」

まだマスターしていないことが原因かもしれません。

 

そこで今回は、「オールインワンジェルの効果を最大限に発揮する使い方」と題して

その正しい使用方法をたっぷりご紹介したいと思います。

 

まだオールインワンジェルを使ったことがないと言う方や、

ちょっとまだ不安を感じると言う方、

ぜひ今回ご紹介する方法を参考にして、毎日のスキンケアの中で実践してみて下さいね。

 

「オールインワンジェルは不安…」と言う人は「使い方」に原因アリ!

オールインワンジェルの効果を最大限に発揮する方法をご紹介する前に、

「オールインワンジェルはちょっと不安…」と言う方が

どうしてそう思ってしまうのかを考えてみたいと思います。

 

その原因はズバリ「間違った使い方」です。

 

オールインワンジェルはひとつのジェルの中に化粧水、乳液、クリーム、美容液など

さまざまな成分が配合されています。

 

ですから、普通の化粧品のように使っているとその成分がうまく発揮されず、

保湿力不足や、逆にうるおいすぎてベタツキを感じてしまうなど

肌に違和感を感じたり、肌トラブルにつながったりしてしまうことも。

 

実はオールインワンジェルには「正しい使い方」があるのです。

その正しい使い方でケアをすれば、肌にしっかり配合成分が浸透し、

美しい肌を手に入れることができるのです。

 

「オールインワンジェルはちょっと不安…」と感じる方は、

ぜひ正しい使い方をマスターすることをおすすめします。

 

オールインワンジェルの正しい使い方

それでは、オールインワンジェルの正しい使い方をご紹介しましょう。

 

オールインワンジェルの正しい手順5ステップ

基本的にどんなオールインワンジェルも使い方は同じで

以下の5ステップを経る事でその効果を発揮することができます。

 

  1. 500円大の量のジェルを手にとり、手のひらの上で広げる
  2. 顔を包み込むように、手のひらのジェルを肌にのせ、顔の中央から外側に向かってゆっくりと伸ばす
  3. 次に口角からこめかみへ向けて、引き上げるように伸ばす
  4. フェイスラインから耳に向かって下は上へ伸ばし、そのまま耳の後ろを通って、鎖骨へ流す
  5. 最後に顔全体を手でやさしくプレスして、成分をなじませる

 

まずは、この基本の5ステップを抑えてください。

 

オールインワンジェルの正しい塗り方

一度に塗る量は「500円大」にする

オールインワンジェルを塗る量が多いと、ジェルが肌に浸透しきれず

肌の上に残ってしまいます。

そして、この残ったものが乾燥すると「モロモロ」としたカスのような状態に。

 

このモロモロは肌トラブルを起こすようなものではありませんが

見た目も悪いし、何より気分が悪いですよね。

 

モロモロはオールインワンジェルの量が「多すぎる」ことが原因です。

ですから、もしモロモロが多いと感じたらすぐに塗る量を減らしてください。

だいたい「500円大」が理想の量と言われていますので、参考にしてくださいね。

 

朝のメイクの前には少量を使う

朝のメイク前にジェルを塗りすぎると、べたついてメイクが崩れてしまいます。

基本である500円大よりも少量を手に伸ばして、簡単に済ませるようにしましょう。

 

夜はしっかりケアするためにたっぷり使う

夜は朝と比べて、量も多めでしっかりとスキンケアすることが大切です

なぜなら睡眠中は肌のリカバリー機能が活発化し、疲れた肌が元気になる時間

夜にしっかりオールインワンジェルを使ってお手入れをして

睡眠中の肌の再生を促進してあげましょう。

 

このようにオールインワンジェルには正しい手順や塗り方があります。

このやり方をしっかり守れば、きっとその効果を実感することができますよ。

 

これはやっちゃダメ!オールインワンジェルを使用する際のタブーとは?

オールインワンジェルの正しい使い方をご紹介してきましたが

反対にこれをやっちゃダメ!というタブーも併せてご紹介しましょう。

 

肌が汚れた状態で使用する

顔に皮脂や汚れなどが詰まったままの状態でオールインワンジェルを使うと、

その皮脂や汚れも一緒に肌に塗りつけてしまうことになります。

そんなことは絶対イヤですよね。

 

これはオールインワンジェルじゃなくても言えることですが

必ず洗顔後の肌が綺麗な状態で使用するようにしましょう。

 

ゴシゴシこすりすぎる

さきほどご紹介した、ジェルを塗り過ぎた時に出てくる「モロモロ」ですが、

ジェルをゴシゴシと肌にこするように塗ることでも出てきてしまいます。

 

肌にとってもゴシゴシと摩擦を与えることはよくありませんので、

こすらないように、やさしくジェルを塗るようにしましょう

 

肌トラブルがあるときに使用する

ニキビやかぶれ、アトピーなどの肌トラブルを抱えている人は

オールインワンジェルを使用することで、さらに症状が悪化する恐れがあります。

肌トラブルが落ち着いたら、医師などに相談して使用するようにしましょう。

 

オールインワンジェルの効果を最大限発揮する使い方

ここまではオールインワンジェルの使い方の基本について解説してきましたが、

ここでは、オールインワンジェルの効果を最大限発揮するような使い方を

ご紹介しましょう!

パックとして使う

オールインワンジェルをパックとして使うと、その効果はさらにアップします。

バスタイムに使うのが特におすすめです。

 

いつもより2~3回分多めの量を顔全体に塗って、

湯船につかりながら10分程度パックしましょう。その後、ぬるま湯で洗い流します。

湯船の蒸気で毛穴が開で、美容成分や保湿成分がしっかり浸透して

ふっくらモチモチ肌に。

 

お風呂から上がったら再度オールインワンジェルを塗れば、

成分がしっかり肌に閉じ込められて、さらにうるおいのある肌に。

 

「ブースター」や「導入美容液」と一緒に使う

オールインワンジェルは他の化粧品と一緒に使っても何の問題もありません。

 

乾燥が激しく、オールインワンジェルでだけではちょっと物足りない…

と言う人には、他の化粧品とあわせて使ってみましょう。

 

その際、「ブースターや導入美容液」と一緒に使えば、

オールインワンジェルの効果をさらにアップすることができますよ。

 

ブースターや導入美容液は、その後に使用するスキンケアアイテムの浸透を

手助けをするのが主な役割です。

 

これらを肌に塗った後にオールインワンジェルを使用すると、

ジェルの成分がぐんぐん肌に入り込んで、浸透率が大幅にアップできます。

 

まとめ

オールインワンジェルの効果を最大限発揮する正しい使い方について

ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

オールインワンジェルはひとつで何役ものお手入れができる

現代女性にとって優れたスキンケアアイテムですが、その使い方が間違っていると

肌トラブルを起こしかねません。

 

正しい使い方をマスターすることで、その効果を最大限に引き出し

ベストな肌状態を保てるようになります。

今回ご紹介したさまざまな方法を、ぜひ普段の生活にも取り入れてみてくださいね。

 

オールインワンジェルは使い方次第で

あなたの肌を美しく生まれ変わらせことができます。

 

毎日のスキンケアの中で実践しながら、オールインワンジェルの最大限の効果を発揮して、

忙しい毎日を乗り切りましょう!