オールインワンの成分、豆乳イソフラボンの効果とは?ニキビや肌荒れにも良いのか

オールインワンジェルには、

肌に良いとされるさまざまな成分が配合されていますが

最近よく耳にするのが「豆乳イソフラボン」と呼ばれる成分です。

 

豆乳イソフラボンはさまざまな美容効果が期待できるとして、

現在美容業界でも高く注目されている成分なのです。

 

さらに、ニキビや肌荒れにも効果が高いとの評判もあります。

なんだかとても期待できそうな成分ですよね。

 

そこで今回は、この「豆乳イソフラボン」の成分とその効果について

たっぷりご紹介したいと思います。

 

 

豆乳イソフラボンとは?

まずは、豆乳イソフラボンとはどのような成分なのかご紹介しましょう。

 

豆乳イソフラボンとは、豆乳に含まれる「イソフラボン」と呼ばれる成分です。

イソフラボンは、その化学構造が女性ホルモンである「エストロゲン」に似ており、

女性ホルモンのような働きがあります

 

この女性ホルモンに似た作用により、

豆乳イソフラボンは女性のホルモンバランスを整えると言われています。

 

さらにたんぱく質・サポニンを豊富に含んでいるので

肌の表面にハリを与え、美しくする効果があると言われています。

 

 

豆乳イソフラボンの効果とは?

女性ホルモンと似た働きのある「豆乳イソフラボン」。

その効果をくわしくご紹介しましょう。

 

骨粗しょう症の改善

 

豆乳イソフラボンには、

「骨の形成を促進すると同時に、その破壊を抑える」という効果があります。

 

まず、骨たんぱく質の一種である「オステオカルシン」という成分を

活性化することで、「骨形成」を促進します

 

さらに骨からのカルシウム溶出をくい止めることで破骨細胞の働きを抑え

骨がもろくなることを防いでいるのです。

 

このように豆乳イソフラボンには、

女性の大敵である「骨粗しょう症」の改善に高い効果が期待できるのです。

 

更年期症状の軽減

 

女性は閉経後、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下することで

ホルモンバランスが崩れ、汗をかきやすくなったり、急に体全体がほてったりなど、

体の不調を感じることが多くなります。これらの症状は「更年期症状」と呼ばれています。

 

豆乳イソフラボンに含まれる成分が女性ホルモンの働きを補うことにより

この更年期症状を緩和する効果があると言われています。

 

ムダ毛を抑える

 

人間の体毛、中でもワキやデリケートゾーン、腕や足といった場所の「ムダ毛」

女性ホルモンにより抑制される性質を持っています

 

豆乳イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きを持つことから、

ムダ毛を抑える効果があると言われています。

 

 

豆乳イソフラボンって、本当に女性ホルモンと似た働きをしているのですね。

女性にとってかかせない成分と言えそうです。

 

 

豆乳イソフラボンは肌荒れやニキビにも効果はあるの?

骨粗しょう症や更年期症状、ムダ毛などを抑えてくれる

女性の強い味方である「豆乳イソフラボン」。

 

この豆乳イソフラボン、

実は「美肌」にもかなり高い効果が期待できると言われているのです。

さっそくご紹介しましょう。

 

肌のシミやくすみを抑える

 

女性ホルモンにはシミやくすみの原因である

「メラニン色素」を抑制する効果があると言われています。

 

この女性ホルモンに似た作用のある豆乳イソフラボンを摂取すれば、

シミやくすみを抑え、透明感のある肌を生み出す効果があると言われています。

 

肌の保湿効果を高める

 

豆乳イソフラボンには、

コラーゲンやヒアルロン酸と言った保湿成分を生み出す働きを促進し、

肌に潤いやハリを与える効果が期待できると言われています。

 

ニキビや肌荒れの改善

 

女性は月経時に「黄体ホルモン」が多く分泌されます。

この黄体ホルモンはニキビの原因となることがありますが、

豆乳イソフラボンを摂取することでホルモンバランスが整い、

ニキビの抑制や改善に効果があると言われています。

 

さらに不規則な生活やストレスなどで体内に「活性酸素」が発生すると

肌細胞が傷つけられ、ニキビや肌荒れを引き起こしてしまいます。

しかし豆乳イソフラボンにはこの活性酸素を抑制する効果がありますので

ニキビや肌荒れが起こりにくい美肌をキープすることができるのです。

 

豆乳イソフラボンにはたっぷりの美容効果で、

肌荒れやニキビにも効果があることがわかりましたね。

これはすぐにでも、スキンケアに積極的に取り入れたいですね。

 

 

副作用はある?豆乳イソフラボンの使用上の注意

女性ホルモンに似た働きで、美容効果たっぷりの「豆乳イソフラボン」。

 

豆乳に含まれているイソフラボンは「植物性エストロゲン」と呼ばれる

植物由来の成分ですので、安心で副作用も少ないイメージがあります。

 

しかし、ごくまれに副作用を発症する人もいるのも事実です。

そこで豆乳イソフラボンを使用する上での注意事項をご紹介します。

 

発疹・発赤が出たら使用を中止

 

豆乳イソフラボンは植物性ですので、刺激が強い成分ではありませんが

まれに肌に負担を感じる人もいます。

 

もし豆乳イソフラボンを使用して肌に発疹が出たり、赤くなったりした場合

すぐに使用を中止しましょう。

症状が改善しない場合は病院への受診がおすすめです。

 

大豆アレルギーの人は使用を避ける

 

大豆アレルギーとは、大豆やおから、納豆、きなこや油揚げ、

大豆から作った乳化剤を使用したお菓子などに対して

アレルギー反応がある症状です。

 

比較的重症化する事が少ないアレルギーですが、

湿疹やかゆみなどの症状や、ごくまれに呼吸困難に陥る人もいます

大豆アレルギーがある人は、豆乳イソフラボンの使用は控えた方がよいでしょう。

 

その他にも、甲状腺機能低下症の患者さんが豆乳イソフラボンを多く摂取すると

甲状腺の機能が低下してしまう恐れがあるという報告もあります。

 

しかし、使用上の注意をしっかり守れば安全に使用できる成分ですので、

いたずらに不安になる必要はありません。

自分の肌や体調と相談しながら、注意して使用してください。

 

 

豆乳イソフラボン配合のオールインワンジェルがおススメの理由とは?

豆乳イソフラボン配合の化粧品は、化粧品やクリームなど数多くありますが、

中でもおすすめなのが「オールインワンジェル」。

そのメリットを具体的にご紹介しましょう。

 

豆乳イソフラボンの効果を倍増してくれる

 

オールインワンジェルは、豆乳イソフラボンの効果を倍増するという嬉しい働きがあります。

 

豆乳イソフラボンにはそれだけで、保湿効果や肌荒れ改善効果がありますが

オールインワンジェルに含まれる化粧水や美容液がその保湿効果をアップさせ、

さらに乳液やクリームによってそのうるおいを閉じ込めることで、

乾燥を防ぎ、肌機能をアップさせることができます。

 

豆乳イソフラボン単体での効果よりも、さらに倍増した効果を

一度で実感することができるのです。

 

継続しやすい

 

オールインワンジェルは、言わずと知れた多機能スキンケアアイテム。

化粧水、乳液、クリーム、パック、下地…など、ひとつで何役もこなすスグレモノです。

 

さらに、豆乳イソフラボンを配合されているオールインワンジェルなら、

「イソフラボン取らなきゃ」なんて毎日考えずに

いつものお手入れの中で簡単に豆乳イソフラボンを摂取できてしまうのです。

 

簡単でラクチンなスキンケアなので、

豆乳イソフラボンの摂取も継続もしやすいという訳なのです。

 

 

まとめ

豆乳イソフラボンの効果についてくわしくご紹介してきましたが

いかがでしたか?

 

女性ホルモンであるエストロゲンに似た化学構造を持つ「豆乳イソフラボン」は、

その働きもまさに女性ホルモンそのもの

 

女性ホルモンのバランスを整えるだけでなく

肌に潤いを与え、ニキビや肌荒れといった肌トラブルも抑えてくれる

スキンケアの救世主のような存在であることがわかりました。

 

そして数ある豆乳イソフラボン配合の化粧品の中でも、

オールインワンジェルタイプを使うことが、

豆乳イソフラボンの効果をさらにアップできることがわかりました

 

現在、豆乳イソフラボン配合のオールインワンジェルは数多く販売されていますので

ぜひ自分の肌にぴったりのジェルを見つけて、

なめらかでツルツルの肌を手に入れてくださいね。