オールインワンジェルで肌荒れ?その原因と対策について

化粧水・乳液・美容液・クリームなどのスキンケアが

たった一つで済んでしまう、

優秀なアイテムの代表格「オールインワンジェル」

 

でも、オールインワンジェルを使い始めてから

「なんだか肌荒れしてしまった…」なんて声も、ときどき耳にします。

 

忙しい女性の救世主として、現在大人気のオールインワンジェルが、

どうして肌荒れなんて起こしてしまうのでしょうか。

 

そこで今回は、オールインワンジェルで肌荒れになってしまう原因やその対策について、

くわしくご紹介したいと思います。

 

 

そもそも肌荒れの原因とは?

まずは「肌荒れ」とはどのような原因で生じてしまうのか、その説明から始めたいと思います。

 

肌の水分不足

 

肌荒れの最も大きな原因といえば、やはり「肌の水分不足」です。

水分を失い、うるおいをなくした肌は乾燥を引き起こし、皮脂も過剰分泌するため

シミ、しわ、ニキビなどの肌荒れを引き起こしてしまいます

 

生活リズムの乱れ

 

偏った食生活や、睡眠不足、ストレスなどから

生活リズムが乱れてしまうことってよくありますよね。

 

この生活リズムの乱れは、肌荒れの大きな原因となります。

生活リズムが乱れることで肌のターンオーバーのリズムも乱れてしまい、

新陳代謝がうまく行われず、肌荒れを引き起こしてしまうことがあるのです。

 

化学物質

 

ドラッグストアやスーパーで購入できる安い化粧品などには

多くの化学物質が含まれていることがあり、実はあまりおすすめできません

特に敏感肌の人は、その化学物質の刺激の強さから肌荒れを起こしてしまうことがあります。

 

紫外線や雑菌など外的要因

 

紫外線は季節を問わず、肌に悪影響を与えています。

またホコリや雑菌などが肌に付着することで、細菌が肌に入り込み

ニキビなどの肌荒れにつながってしまうことがあります

 

 

オールインワンジェルで肌荒れする原因とは?

「オールインワンジェルで肌荒れした…」という人の症状を聞いて

その原因をまとめてみました。

 

オールインワンジェルに多くの「化学物質」が入っている

 

さきほど

「安い化粧品などには多くの化学物質が含まれていることがある」

と説明しましたよね。

 

もちろん、安いオールインワンジェルにもその可能性があります。

安くて質の悪いオールインワンジェルを使ってしまったために

肌のバリア機能が弱まり、肌荒れにつながってしまうこともあるのです。

 

オールインワンジェルに「自分の肌に合わない成分」が含まれている

 

肌の性質は人によってさまざまです。

ですから、ほとんどの人には何の影響もない成分でも

一部の人にとっては刺激が強く、肌荒れなどにつながってしまう場合もあります。

 

たとえば、植物由来の成分は安全と思われがちですが

敏感肌の人にとっては植物エキスや精油などはかぶれやすく、注意が必要です

 

また、オールインワンジェルをはじめ、

多くの化粧品に含まれているエタノール(アルコール)も、

敏感肌やアレルギーのある人は刺激が強く、避けた方が無難です。

 

このように、多くの化学物質や自分の肌に合わない成分が入った

オールインワンジェルを使った場合は、肌荒れを起こす原因になることがあるようです。

 

 

「それって本当にオールインワンジェルが原因?」間違った認識が引き起こす肌荒れとは?

オールインワンジェルによる肌荒れの原因を説明しましたが

中には「それって本当にオールインワンジェルが原因?」と思えるようなケースもあります。

実際にはどのような場合なのでしょうか?

 

肌のバリア機能自体が弱っている

 

そもそも、肌のバリア機能自体が弱っているときには

オールインワンジェルではなくても、肌荒れは起こってしまいます

 

仕事のストレスや偏った食生活、睡眠不足などで肌のうるおいを失い

バリア機能が弱まることで、いつもは何も感じないような刺激に耐えられず

肌荒れを起こしてしまうこともあるのです。

 

洗顔のやり過ぎ

 

美しい肌をキープしたいと思って

何度も洗顔をしていると肌荒れを起こしてしまうことがあります。

 

実は、肌は洗いすぎてもバリア機能が弱まってしまうという

とても繊細な性質を持っています。

 

洗顔をやりすぎると、肌に必要な皮脂や常在菌まで取り除いてしまい

結果的に乾燥や肌荒れにつながりやすくなってしまうのです。

 

また、何度も洗顔することは、肌をゴシゴシと何度も摩擦することになり

かえって肌を傷つけてしまうことも。

 

傷ついた肌は水分が蒸発しやすく、乾燥しがちになるため、

肌は自らどんどん皮脂を分泌させて、乾燥を防ごうとします。

すると今度はオイリー肌へと陥ってしまうのです。

 

このように皮脂が過剰に分泌されている肌は脂っぽくなるうえ、

ホコリや雑菌も付着しやすく、ニキビができやすい「汚肌」になってしまいます。

 

そして洗顔しすぎた肌の状態でオールインワンジェルをつければ

オールインワンジェルのせいで肌荒れが起こったような気がしますが

実は「洗顔のやり過ぎ」の方が原因だったのです。

 

このように、本当は別に原因があるのに

「オールインワンジェルのせいで肌荒れになった」と誤解されているケースもありますので、

一度ご自分の肌の状態やスキンケア方法を見直してみることをおすすめします。

 

 

オールインワンで肌荒れしないための対策とは?

それでは、オールインワンジェルで肌荒れを防ぐための対策をご紹介しましょう。

 

低刺激のオールインワンジェルを選ぶ

 

肌への負担を軽くするために、

できるだけ低刺激のオールインワンジェルを選ぶようにしましょう。

 

無着色、無香料、パラペンフリー、アルコールフリー、オイルフリー

などの製品を選ぶと良いでしょう。

 

安いオールインワンジェルを買わない

 

何度も言いますが、安いオールインワンジェルの中には

多くの化学物質や不純物が入ったものもあります。

これは肌荒れの大きな原因になる可能性があります。

 

できれば、市販の安いオールインワンジェルは避けて

それなりの価格の商品(目安は3000円以上)を購入することをおすすめします。

 

特にネット通販で販売されているオールインワンジェル

市販品のような流通コストがかからず、その分のコストを製品開発に回せるので

高い品質が期待できます。

 

さらに購入時のお得な特典もいっぱいなので、結果的にリーズナブルなお値段で

高品質のオールインワンジェルを購入することができます。

ぜひ、ネット通販のオールインワンジェルをおすすめします。

 

自分の肌にあったオールインワンジェルを選ぶ

 

自分の肌に合わないジェルを使うことで、肌荒れを引き起こす可能性は

先ほど説明した通りです。

 

オールインワンジェルは現在、

さまざまな肌タイプに合わせた製品が販売されています。

 

ニキビ肌用、乾燥肌用、美白・美肌用、敏感肌用など、

さまざまなタイプに対応したものが数多くありますので

自分の肌タイプにぴったり合うものを選べば、肌にしっかりなじんで

肌荒れを起こすこともないでしょう。

 

 

まとめ

オールインワンジェルによる肌荒れの原因とその対策についてご紹介してきましたが

いかがでしたか?

 

オールインワンジェルで肌荒れする原因は人によってさまざまです。

安いオールインワンジェルに含まれる化学物質や不純物が原因の場合や、

肌のバリア機能自体が弱っていたり、自分の肌に合わなかったりなど

オールインワンジェルが原因ではないケースもあるのです。

 

そのため、自分の肌の状態を良く見極め、

本当に自分にあった高品質のオールインワンジェルを選ぶことが重要なのです。

 

美しい肌への一歩は、自分の肌を知ることから始まります。

ぜひ、自分の肌状態をしっかりチェックして、

自分だけのオールインワンジェルを見つけて下さいね。