アトピーにも使えるオールインワンジェルの特徴とは?

日本ではアトピー性皮膚炎の患者数が年々増加しており、

その数は45万人以上と言われています。

 

アトピーというと「子どもの皮膚炎」というイメージがありますが、

実はその患者数は成人の方が多く、全体の6割以上を占めるそうです。

 

アトピーによる症状は、仕事や日常生活において大きな負担になるだけでなく、

女性にとってはメイクやスキンケアにおいても使えるアイテムが限定されるなど

悩みが深刻化しやすいですよね。

 

でも大丈夫。

そんなときこそ、「オールインワンジェル」の出番なのです。

 

オールインワンジェルは簡単・便利なだけではなく、

アトピーなどの敏感肌の方にも安心して使っていただける嬉しいアイテムなのです。

 

そこで今回は、「アトピーにも使えるオールインワンジェルの特徴」

たっぷりご紹介したいと思います。アトピーでお悩みの女性のみなさん、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

アトピーの原因とは

アトピーはそのはっきりした原因は未だに分かっていませんが

「自己免疫機能の異常」から起こる皮膚疾患だと言われることが多いです。

 

免疫機能に異常が起こると、肌の角質層内のセラミドが少なくなり

皮膚を守るバリア機能がうまく働かなくなります。

 

すると肌は外側の刺激から自らを守ることができず、

非常にダメージを受けやすい状態になります。

 

さらにセラミドが不足することで、肌の内部の水分を保持できなくなり、

肌はどんどん乾燥してしまいます。

 

乾燥した肌はさらに刺激を受けやすくなり、

すぐに赤くなって炎症を起こしたり、かゆみや発疹などが起こりやすくなったりなど

重症化していきます。

 

そして不快感から思わず触ったり、掻いたりすることで、

腫れたり、出血したり膿が出たり…など症状がますまず深刻化し、

悪循環に陥ってしまうのです。

 

そしてこのような症状で苦しんでいる患者さんが、日本には大勢いるのが現状なのです。

 

 

大人のアトピーとは

大人のアトピーと子供のアトピーには実は大きな違いがあります。

 

子供の頃に発症するアトピーは、環境や体質によるものが大きく、

成長と共に免疫力がつけば、症状が治まる場合が多いのです。

 

しかし大人のアトピーは、もともとアトピー体質を潜在的に持っている人が、

ストレスなどにより自己免疫が低下することで発症してしまうことが多いのだそうです。

 

そのため、大人が一度アトピーを発症してしまうと、たとえ治療をして症状がおさまっても、

環境の変化、過労、食生活の乱れ、睡眠不足といったさまざまなストレスが原因で

何度もぶり返してしまう可能性があるのです。

 

ストレスフルな環境にいる大人にとって、

アトピーとはとても「やっかいな」皮膚疾患なのです。

 

 

アトピー肌向けスキンケアの方法

ちょっとした刺激でも傷ついてしまいがちのアトピー肌。

症状を抑えるには医療機関での治療が不可欠ですが、

普段のスキンケアをきちんと行えば、自宅でも十分に症状を緩和することができます

 

それではアトピー肌のスキンケアのポイントをご紹介しましょう。

 

低刺激のアイテムを使用する

 

アトピー肌でお悩み方は、ちょっとした刺激でも炎症やかゆみ、

時には出血などのトラブルを発症します。

 

そんなアトピー肌のスキンケアアイテムには、

とにかく「低刺激で肌への負担が少ないもの」を選びましょう。

 

特に「界面活性剤」や「パラベン」、また「エタノール」などのアルコール成分は

肌への強い刺激になるので、このような成分が配合されたアイテムは

避けるようにしましょう。

 

「保水成分」と「バリア機能」が高いアイテムを使用する

 

アトピー肌は、保水力とバリア機能がかなり低下した状態です。

この症状を緩和するためには、「保水力が高く、バリア機能を維持する」効果のある

スキンケアアイテムを使用するのがよいでしょう。

 

特にセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの保水効果の高い成分が

たっぷり配合されたアイテムを選ぶようにしましょう。

 

清潔を心がける

 

雑菌などが肌に付着することで、アトピーの症状が悪化するおそれがあります。

そのため洗顔によって肌を清潔に保つことを心がけましょう。

 

ただし洗顔の際に、熱いお湯を使うことはNGです。

熱いお湯は必要以上に肌の皮脂を取りすぎてしまい、逆に肌が乾燥してしまいます。

ぬるま湯を使って、やさしく肌を包み込むように洗ってあげましょう。

 

 

アトピー肌にオールインワンジェルがおススメの理由

アトピー肌は、自己免疫機能の低下により肌のバリア機能が弱まり、

水分をキープできないことで、常に乾燥して肌荒れを起こしやすい肌のことです。

 

このような傷つきやすいアトピー肌のスキンケアには

「できるだけ肌に負担をかけずにしっかり保湿する」という事が重要になります。

 

実は、このアトピー肌のスキンケアのポイントこと、

まさに「オールインワンジェル」の機能の真髄そのものなのです。

 

オールインワンジェルは、

ワンステップで多機能の美容成分を肌に浸透させることができますので、

肌に負担をかけずに、しっかりと肌を保湿することができます。

 

これは肌になるべく触れることなく、水分を内部まで浸透させたいアトピー肌の方にとって、

まさにぴったりのスキンケアアイテムと言えるのではないでしょうか。

 

オールインワンジェルこそ、

アトピー肌でお悩みの女性の「救世主的アイテム」だったのです。

 

 

アトピー肌におすすめのオールインワンジェルの特徴とは?

アトピー肌でお悩みの女性の「救世主的アイテム」だったオールインワンジェル。

それでは、そんな中でもさらに効果的なオールインワンジェルの特徴をご紹介しましょう。

 

温泉水入りオールインワンジェル

 

アトピー肌はバリア機能の低下やターンオーバーの乱れによって肌表面が荒れ、

ゴワゴワと固くなっていることが多いため、保湿成分がなかなか浸透しません。

 

しかし、このような肌には

「温泉水」が配合されているオールインワンジェルがおすすめです。

 

温泉水に含まれるミネラル成分は、固くなった皮膚を柔らかくしてくれます

さらに温泉水は何十年もの間、地下の岩石の間を流れています。

そうすることで水分子が削られ続け、その大きさは水道水の約半分と言われています。

分子が小さければ肌への浸透率も高くなり、うるおいの大幅アップが期待できるのです。

 

無添加処方のオールインワンジェル

 

アトピー肌はちょっとした刺激でも肌への負担になります。

肌に負担をかける「合成界面活性剤」「防腐剤」「香料」「着色料」「鉱物油」

といった添加物の入っていない無添加処方のオールインワンジェルを選ぶようにしましょう。

 

現在では、「敏感肌用」オールインワンジェルも数多く販売されています。

それらの商品も参考にしてみてください。

まずはかかりつけのお医者さんと相談しながら、少しずつ試してみて下さいね。

 

 

まとめ

「アトピーにも使えるオールインワンジェルの特徴」について

くわしくご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

アトピー性皮膚炎は、自己免疫機能の低下から肌機能が弱まり、

乾燥や炎症などを起こす症状のことです。

 

大人が発症するとなかなか治りにくく、

スキンケアに関しても悩みが深刻化する症状でもあります。

 

しかし、このようなアトピー肌でも

オールインワンジェルであれば、肌に負担をかけることなく症状を緩和し、

うるおいのある肌を取り戻すことが大いに期待できるのです。

 

今回ご紹介したアトピー肌にも使えるオールインワンジェルの特徴をぜひ参考にして、

自分の肌にピッタリのスキンケアアイテムを見つけてくださいね。