アレルギーや肌荒れする?選んではいけないダメなオールインワンジェルを避ける方法

ワンステップで肌にしっかり美容成分を浸透させてくれるオールインワンジェルは、

簡単に美しい肌になれると現在「人気急上昇中」のスキンケアアイテムです。

 

でも実は、オールインワンジェルの中には、

きちんと選ばないと「アレルギーや肌荒れ」を引き起こしてしまう商品もあるのです。

 

そこで今回は、「選んではいけないダメなオールインワンジェル」にスポットを当て、

NG商品の特徴や、それらを避ける方法などをくわしくご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

選んではいけないオールインワンジェルの特徴①「化学物質」

オールインワンジェルの中には、

敏感肌の方が使用すると肌荒れを起こしやすい成分が配合されているアイテムがあります。

一体どのような成分が肌荒れを起こしやすいのでしょうか。

 

それはズバリ「化学物質」です。

 

例えば、オールインワンジェルには

 

アルコール(エタノール)

ハイドロキノン

レチノール

アスコルビルリン酸Na

アスコルビン酸硫酸2Na

リン酸アスコルビルMg

水溶性ポリマー

パラベン

 

などの化学物質が配合されています。

 

これらの化学物質は天然成分に比べ、

圧倒的にコストが安いというメリットがある反面、

「肌への刺激が強い」というデメリットがあります。

 

特にドラッグストアやスーパーで販売されている市販の安いオールインワンジェルには、

コストが安いこれらの化学物質が多く使用されています。

 

このようなジェルを使用すると、

敏感肌の人は肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

 

肌のことを考えれば、以上のような化学物質が

なるべく抑えられたオールインワンジェルを選ぶようにしましょう。

 

そのためには、

オールインワンジェルの成分表をしっかりチェックすることが重要です。

現在販売されている化粧品には、全成分が表示されていますから

きちんと確認する習慣をつけましょう。

 

 

選んではいけないオールインワンジェルの特徴②「天然素材」を強調

オールインワンジェルのパッケージには、

さまざまな魅力的なワードが書かれていますよね。

 

ほとんどのオールインワンジェルは、

その宣伝文句に見合った高い効果を期待できるのですが、

中には「パッケージだけ」のジェルもあります。

 

その中でも「オーガニック」「自然派」「植物由来」など「天然素材」を強調した、

体に優しいワードが並ぶオールインワンジェルを見かけたことがあると思います。

 

このようなパッケージを見ると、

全成分が「オーガニック」「自然派」「植物由来」なんだと思いがちですが、

実はそうではない場合があります。

 

商品の中には、上記の成分を「少量」配合しているだけなのに

その成分しか使ってないようなイメージを与え、

消費者の購買意欲をアップしようとしているものもあるのです。

 

しかも、現在の法律ではメーカー側がこのような表示の仕方をしても

特に罰則があるわけではありません。

 

つまり、天然素材はほんのちょっとで、その他は化学物質をふんだんに

使用しているようなジェルが店頭にならんでいる可能性もあるのです。

 

やたらと天然素材を強調しているジェルにはしっかり目を光らせて、

きちんと成分表をチェックすることが重要です。

 

 

選んではいけないオールインワンジェルの特徴③「不使用」「フリー」を強調

オールインワンジェルの中には

「不使用」「フリー」という文字が目立っている商品があります。

 

例えば、「鉱物油不使用」「パラペンフリー」なんてワードを

見かけたことはないでしょうか。

 

「鉱物油」とは、石油から作られたオイルで、

化粧品のテクスチャーを良くするような役割を果たします。

また酸化しにくい性質がありますので、製品を長期保存することができます。

 

また「パラベン」とは、正式名称を「パラオキシ安息香酸エステル」といい、

抗菌性が高く、化粧品や食品、医薬品などに防腐剤として使用されています。

 

鉱物油もパラベンも、オールインワンジェルに雑菌が繁殖するのを防ぎ

製品の性質を高めるものです。

 

しかし、やはり化学物質ですので、

使いすぎると肌にとっては負担になってきます。

 

ですから、「鉱物油不使用」「パラペンフリー」

というワードが掲載されているオールインワンジェルを見ると、

「肌に良さそう!」という気がして、思わず買いたくなってきますよね。

 

しかし、オールインワンジェルによっては、

「鉱物油不使用」「パラベンフリー」という言葉を使っていても

それ以外の化学物質を使って、製品の保存性を高めている場合があるのです。

 

つまり、いくら「不使用」「フリー」という言葉を使っていても、

代わりの化学物質がたっぷり…ということがあるのです。怖いですよね。

 

ですから、これらのワードに惑わされず

やはり購入前にしっかり成分表を確認することが必要不可欠なのです。

 

 

肌荒れしにくいオールインワンジェルの選び方

それでは、「肌荒れしにくいオールインワンジェルを選ぶコツ」をご紹介しましょう。

 

「セラミド」が含まれているオールインワンジェルを選ぶ

 

敏感肌やアトピー肌の人は、「セラミド不足」と言われています。

セラミドは、肌のバリア機能を守るのに大きな役割をしています。

セラミドが不足すると、角質層に水分を維持できず、

乾燥したり、紫外線や雑菌などから皮膚を守ることができなくなります。

 

肌荒れを防ぐためには、まずはセラミドが配合されている

オールインワンジェルを選ぶようにしましょう。

 

「敏感肌用」オールインワンジェルを選ぶ

 

現在では、肌に優しい「敏感肌用」オールインワンジェルが数多く販売されています。

この敏感肌用ジェルは配合成分に合成界面活性剤やアルコールなど

肌に刺激を与える成分が無添加であったり、なるべく抑えられて作られています。

このような敏感肌用のジェルを選ぶことで肌荒れから皮膚を守ることができます。

 

購入後のサポートが充実しているオールインワンジェルを選ぶ

 

オールインワンジェルを使用して肌が荒れてしまった場合、

カウンセリングや医師によるアドバイスなど、

購入後のサポートが充実している製品を選ぶことも重要です。

 

もし、何かトラブルがあっても、適切な指示が得られる他にも、

病院での治療の際に判断材料になるなど何かと安心です。

 

残念ながら市販のオールインワンジェルには、このようなサポート体制が

充実している製品が少ないのが現状です。

 

しかしネットで通信販売されているオールインワンジェルの多くは

サポート体制がしっかりしている他にも、返金保証なども充実しており

購入後のトラブルにもしっかり対応してくれます。

 

 

まとめ

選んではいけないダメなオールインワンジェルを避ける方法について

ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

肌荒れを引き起こしてしまうようなダメなオールインワンジェルを避けるには

配合されている化学物質に注意して、しっかりと成分表をチェックすることが

重要であることがわかりましたね。

 

しかし、「不使用」「フリー」=安全なオールインワンジェル

というわけではなく、そのパッケージのワードに踊らされないことも大切です。

 

また、購入後のサポート体制もしっかりしている製品を選ぶこと

肌荒れを防ぐ大事なポイントです。

 

このように、配合されている成分をしっかりチェックし、

心構えをしっかりしていることで肌をトラブルから守ることができるのです。

 

自分の肌に直接つけるものだからこそ、しっかりと調べたり、確認することが必要です。

そして自分の肌にぴったりあったオールインワンジェルを見つけて、

肌荒れを解消していきましょう。